刈谷ハイウェイオアシスで水遊び(刈谷市)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

刈谷ハイウェイオアシス

刈谷ハイウェイオアシス
8.4

駐車場

9.0 /10

トイレ(オムツ替え)

9.0 /10

授乳室

9.0 /10

遊具・おもちゃ

7.0 /10

長時間遊べる環境度

8.0 /10

おすすめポイント

  • 水着がなくても水遊びできる
  • 公園でも遊べる
  • 飲食店も選択肢が多い
  • 子ども向け施設が充実

注意点

  • 遊園地や乗り物は有料
  • 着替えを持っていないとツライ
  • 混雑するので時間帯をずらすといい

この土日、すっごく暑かったですね!名古屋あたりでは31℃まで上がったようで、子どもに言われるままにアイスを2回も許してしまいました…反省。

でも本当に暑かったので、水遊びさせたくって、刈谷ハイウェイオアシスに行ってきました。

刈谷ハイウェイオアシスとは、伊勢湾岸自動車道のPA(パーキングエリア)としての設備もありながら、子どもからお年寄りまで楽しめる食・ショッピング・遊具・温泉などを兼ね備えた総合施設です。下道からも入れるところも魅力。2016年にはなんとディズニーリゾートやUSJに次ぐ入場者数を記録したという、東海地方が誇る人気スポットです。

愛知県刈谷市にある刈谷ハイウェイオアシスは入場者数全国3位のテーマパークといわれています。その刈谷ハイウェイオアシスの概要についての記事です。

だいたい毎年ゴールデンウィーク頃から急に昼間の気温が夏のようになって、子どもがTシャツ&短パン姿になる季節。

5月中はカラっと晴れた日が続いて、また6月に梅雨入りするとちょっと肌寒い日やじめじめして外で遊べない日もあったりするので、5月の土日はとにかく外で夏先取りで遊びたくなる季節。

そんな季節先取りで遊びたい子連れに嬉しいのが、まさに刈谷ハイウェイオアシスの水遊びスポット。4月~10月の間、ジャブジャブ・ミスト噴水が楽しめるんです。



1.アクセス

場所はこちらです。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

知多半島からだと、東海市や大府市の人にしたら本当に近所。半田市からでも知多半島道路→伊勢湾岸自動車道(豊田方面)で40分くらいで着いちゃうので、子どもも移動が苦ではない距離です。

2.施設概要

(1)施設

ホームページはこちら

刈谷ハイウェイオアシスは高速道路からも一般道からもご利用頂けるレジャーエリアです。

施設全体マップ

(2)水遊び場(ジャブジャブ・ミスト噴水)

5月の昼間が暑い日にオススメなのが、このジャブジャブ・ミスト噴水。

高速から来た場合は、パーキングエリアに車を止めて、タオルと着替えをもって下車。観覧車や、100円入れて動く乗り物に目移りする子どもを急かして、階段を下りましょう!

すると、こんな楽しい景色が目に飛び込んでくるので、すっかり子供のテンションアップ!観覧車や乗り物のことは一旦すぐに忘れてくれます(笑)

↓こんな感じ。

暑い暑い日、ここのありがたいのが、親はベンチで屋根の下に座って見ていられるってこと!!

「見てるから遊んでおいで!」と言いながら、ちょっと休憩。

子どもって親の休憩を許さない気質がありますよね、でも、これなら気を抜いていることがバレないはず(笑)

ジャブジャブ噴水

地面から噴水が高さ80cmくらい~1mくらいでリズミカルに噴き出してくるタイプの水遊び設備です。最近このタイプの水遊び施設が公園にすごく多くなりましたよね。

ジャブジャブ噴水の良さ

といえば、

●地面は水はけのよいアスファルトになっていて、滑りにくい

●水が溜まるプールと違って溺れる心配がない

服のままでも遊べる

この3点です。

プールだと気合入れて行かないといけないけど、このジャブジャブ噴水だと、急に出くわしても、着替えさえ持っていれば服のまま「えい!遊んじゃえ!」ってことができる。

こんなことがあるので、子連れでお出かけするとき、我が家はだいたいお着換えのフル装備を車に積んで出かけています。

おしゃれなベビーキッズ用品のセレクトショップ【I love baby(アイラブベビー)】

ミスト噴水

ジャブジャブ噴水が止まったあと、30秒くらい待っていると、ミスト噴水が金網の下から吹き出します。子どもたちはすぐにタイミングをつかむので、出てくる前に金網の上に大集合してミストが出てくるのを待っていました。

注意点

勢いで遊ばせたくなりますけど、水遊びの時は、裸んぼや紙おむつがNGなので、注意してください。例えばおしっこしちゃったら衛生的に困るので、オムツを卒業してパンツに変わった2~3歳以上の子どもさんくらいからが理想じゃないでしょうか。

ちなみに、トイレは20mくらい先にあります。



▼温泉・足湯もあります

体が冷えちゃったら、温泉、とまではいかなくても、気軽に入れる足湯スペースもあります。

まあでも、水遊びはどんなに暑い日でも、子どもの調子を見て1時間以内がベターだと思います。水遊び後に子供の体を拭いてあげていると、想像以上に体が冷え切っていてびっくりしたことありますよね?鼻水も出てたりして…明日熱が出たら大変です。

水遊び場でまず日中の汗を流して、一旦着替えて、公園でまた遊ぶくらいがいいと思います。

(3)岩ヶ池公園

刈谷ハイウェイオアシスの子どもの遊び場は、もちろんジャブジャブ・ミスト噴水だけじゃなくて、1年中楽しめる遊園地や遊具もあります。

色々ありますが、今回は写真だけの紹介にして、詳細はまた別の機会にご紹介しますね!

(4)飲食店・売店

刈谷ハイウェイオアシスはパーキングエリアなので、フードコートが充実していて、それもありがたい。どんなに混んでいても、最悪2階まで机・椅子があるので、座れないでずっと待ってるなんてことがあんまりないです。

そして、子連れは時間をずらすのが基本です。昼なら11時くらい、夜なら17時くらいまでに食べると割と空いています。

刈谷ハイウェイオアシスの飲食店はこちら

子どもの大好きなラーメン、アイスがあったり、子供用イスも数たっぷりあって助かります。

我が家は毎回、パパと子どもたちは横綱ラーメン、ママは毎回真新しい違うものを物色して食べて、最後にサーティワンアイスを食べるのが通例。

先日は、カツなり家で食べた「台湾味噌カツ丼」がめちゃ美味しかったです!!

(5)授乳室・オムツ替え

刈谷ハイウェイオアシス内には、授乳室やオムツ替えスペースがかなり充実していて、きれいなので本当に嬉しい。

メインの建物内にはもちろん、今回紹介した水遊び場と、岩ヶ池公園の間に個別の建物があって、それがベビールームになっています。

17時で閉まってましたが、こんな感じ。

暑い日の外、ちょっと赤ちゃんにはしんどいのでちょいちょいここへ避難するのも、これは本当に助かる。
ゆるっとキレイに着こなす授乳服

(6)イベント

刈谷ハイウェイオアシスではしょっちゅうイベントを開催しています。

あんまり気にしないでも、土日なら行けば何かやっているというようなイメージです。

一応、こちらにイベントカレンダーが掲載されているので、参考にしてください。

3.料金

●駐車場は無料。

●入園料は無料。

遊園地観覧車は乗り物料金がかかります。

4.休園日

パーキングエリア部分はお休みはありませんが、遊園地は月1回お休みがありますので注意。

5.利用時間

今回紹介したジャブジャブ・ミスト噴水は、営業時間は公開されていませんが、子どもが遊べる公園や遊園地の営業時間を参考にしてください。

営業時間

我が家は今回、16時頃に刈谷ハイウェイオアシスに到着して、水遊びを1時間ほどやってから、公園で遊び始めたのですが、すでに5月の休日だと17時で一部の乗り物(ゴーカートや大型遊具)は終了していたので、ちょっと閑散としていました。

でも、4歳と1歳を連れていくので、ゴーカートはそんなに乗らなくてもいいし、小学生以上のライバルがいないというのはかなり好都合。

ほかの汽車ポッポとかメリーゴーランドは20時まで動いているので、並ばずにスッと乗れてラッキー!

しかも、夕方なら日差しも和らいで、でもまだ19時くらいまで明るいので、土曜日だったら翌日寝坊してもいいし、ちょっと遅くまで遊んでもOKって感じで、ストレスなく遊べました。

幼児連れだったら、夕方からの時間帯はねらい目だと思います!

6.駐車場

施設全体マップ

パーキングエリアなので、高速からくる場合は、駐車場は山ほどあるのですが、人気スポットなので施設の目の前はなかなか停められないのは諦めます。でもなるべくオススメしたい駐車エリアは観覧車の近く

遊園地で遊んで、ご飯食べて、車までそんなに子供が歩かなくてもよい場所です。

下道から来る場合は、遊園地の近くの第2駐車場、第3駐車場がオススメです。

7.滞在時間(目安)

滞在時間の目安は、3時間です。

幼児連れなら、「どこかにお出かけした帰り道に刈谷ハイウェイオアシスに15時くらいから寄って、水遊びして、遊園地と公園で遊んで、17時くらいに早めの晩御飯を食べて帰ろうか」という流れなんてオススメです。

***************

まとめ

暑い日が増える5月~8月の土日は、刈谷ハイウェイオアシスで水遊びがオススメ!知多半島からも1時間以内に行けて、公園や遊園地、ご飯も食べられる総合施設として、ワンシーズンに何度も行きたくなるスポットです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク