リニューアルした雁宿公園(半田市)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

雁宿公園(半田市)

雁宿公園(半田市)
6.2

駐車場

9.0 /10

トイレ(オムツ替え)

8.0 /10

授乳室

0.0 /10

遊具・おもちゃ

8.0 /10

長時間遊べる環境度

6.0 /10

おすすめポイント

  • 南側公園に珍しい遊具あり
  • ローソン併設
  • お花見できる
  • 動物がいる

注意点

  • 南側公園は日陰が少ない
  • 水遊びスポットがない
  • 南北に公園が分かれていて行き来しづらい

2018年4月にリニューアルした半田市の雁宿公園を紹介します。

雁宿公園は桜の時期が人気の老舗の公園というイメージがありましたが、これまでもあった遊具や動物舎ではないところを数年かけて工事をしていて、拡大した感じです。

あまり他の公園にはないような面白い遊具が入ったので、ぜひ一度行ってみてほしいです。

1.アクセス

場所はこちらです。半田市の中心部にある丘の上にあります。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

2.施設概要

(1)施設

ホームページはこちら

雁宿公園は、道路を挟んで南北2か所に公園があります。

▼こちらが、道路の南側の新しい方

子ども広場、芝生広場、アスレチック広場、健康広場が新しく作られました。

また、駐車場はもともとありましたが、舗装されて、一部にコンビニ(ローソン)ができました。

▼こちらが道路の北側の昔からある方

子ども広場、動物舎、噴水、展望台、散策路などがあります。

3月末から4月上旬に多くの方々がお花見をするのはこちら側です。

(2)遊具

南北どちらにも子供向けの遊具がありますので、それぞれを紹介します。2018年4月に南側の公園ができたので物珍しくてみんな南側へ行っているようで、北側の公園は結構すいてます。

①南側の公園(新しい方)

■子ども広場

まず目に飛び込んでくるのが富士山のような滑り台。なかなかの角度なので、スピードが出ます。子供はちょうどいいんですけど、オトナがやると体重があるので、めちゃくちゃ速く滑って何人かのパパママが白いところからはみ出して砂にしりもちをついている光景を見ました(笑)年少さんくらいから1人で滑れます。小さい子は大人と一緒でもちょっと怖いかも?

子ども向けのブランコは2か所にあります。ブランコって順番待ちになりがちなので、ありがたい!

小さい子向けの滑り台。

またがって乗る動物。奥に見えているのがトイレです。

そしてこの↑右側の遊具は、ターザンロープのような遊具。傾斜がついていて、勢いで1周回れます。

あまり多くの公園にある遊具ではないですよね!知多半島だと、あいち健康の森の中にあるくらいです。

4歳か5歳くらいから乗れそうです。オトナもやってみましたが、傾斜のところがスリリングで楽しいです!いい天気の日は順番待ちです。でも1周が早いのですぐ順番回ってきます。

子ども広場のとなりは芝生広場。ここは丘の一番上のため、日陰が少ないので、みなさん簡易テントを持参で来てます。子供も帽子必須です。真夏は暑すぎてなかなか厳しい環境だと思います。水遊びスポットはないです。

■アスレチック広場

子ども広場の下にアスレチック広場があります。

木で作られた雰囲気がとても優しくていいです。上の子ども広場に比べてここは木陰があるので、親にとってはちょっとした休憩場所にもなります。

上の子ども広場との急斜面をうまいこと利用して作られたアスレチック。年少さんくらいからなら1人で上へ行けると思います。なかなかの長いアスレチックでワクワクしますね。

 

■健康広場

アスレチック広場の下に、健康広場があります。子供から高齢者まで楽しめるスペース。

②北側の公園(昔からある方)

こちらのメインは長い滑り台。他にブランコ、短い滑り台、またがって乗る乗り物、動物の置物などがあります。

雁宿すべり台

遊具は少ないですが、こちらは動物がいることが楽しい場所。2018年に動物舎も新しくなりました。

8種類の動物がいます。

アイガモ

他にも、サル、ヤギがいます。サルは室内に入っていることも多いです。

「雁宿公園 猿」の画像検索結果 雁宿動物

(3)お花見

3月下旬から4月上旬は、桜の名所となる雁宿公園。花見は北側の公園(昔からある方)が人気スポット。ぼんぼりも飾られて、夜は多くの人でにぎわいます。

「雁宿公園 桜」の画像検索結果

公園の間の道路は桜のトンネル。

「雁宿公園 桜」の画像検索結果 「雁宿公園 桜」の画像検索結果

バーベキューは禁止ですが、カセットコンロならOKということで、慣れた人だと発電機やコンロを持ち込んで色々な食べ物を楽しんでいます。また夜は寒いので、コタツを持ち込んで暖をとっている人も見たことあります。

花見シーズンには、公園入口に屋台が並びます。お面、わたあめ、イカ焼き、べっこうあめなど。

ブルーシートなどをもっていなくても、東屋が2か所あります。

桜以外の時期はすいている公園ですが、朝夕は犬の散歩で来る方が多いです。

さりげなくこんな顔の石がいます。探して見てください。

展望台が2か所あります。

見下ろすとこんな感じ。小高い丘の上なので、市内と、三河がよく見えます。

 

(4)コンビニがある

30年前くらい、子供のころまでは、北側の公園には売店があって、九官鳥がいたのを覚えている方もいるのではないでしょうか。今はつぶれていて、自販機があるのみ。

その代わり、2018年4月に南側の公園の方に、ローソンがオープンしました。

見た目が茶色っぽくて景観を壊さないすてきな色。公園の時間帯に合わせて、朝7時から夜9時までの営業です。ここにコンビニがあると、お弁当を持ってこなくても一日遊べますし、花見シーズンや、半田球場やテニスコートに来る方にとってもありがたいですね。

(5)授乳室・オムツ替え

授乳室はないですが、オムツ替えの台は南側の公園も北側の公園もどちらもあります。

比較的綺麗なのでありがたいですね。授乳の際は、授乳ケープを持参しましょう。

3.料金

●駐車場は無料。

●入園料は無料。

4.休園日

●毎週月曜日(月曜日が祝日の時は翌日)

●年末年始(12月29日~1月3日)

5.利用時間

公園自体は終日開いています。

夜間でもお散歩をされている方が多いです。

6.駐車場

南側の公園の方に、70台ほどスペースがあります。

夜間は施錠されますので、あいているのは朝8時から夜8時まで。ただし、花見シーズン(3月下旬から4月中旬まで)は終日開放。

ベビーカーで南側の公園へ行こうとしている方は、駐車場から下りたら、一旦入ってきた入口の方へ上って、半田球場と駐車場の間の通路を通っていって下さい。そうすると高低差なく公園へたどり着けます。

7.滞在時間(目安)

滞在時間の目安は、2時間です。お弁当とテントをもってくれば、4時間くらいは余裕で遊べます。

小さなお子さん連れの方は、南側の公園に駐車場があるので、南側の公園をメインで遊んでいるようです。見ていると、北と南の公園に両方行くという方は少ないようです。北側は空いていてねらい目です。

***************

まとめ

半田市にある雁宿公園は、昔からある北側の公園と動物舎も人気ですが、2018年4月にオープンした南側の公園は変わった新しい遊具が充実していて、長時間滞在できる楽しいスポットです。ローソンが併設していることも、子連れにとってはありがたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク